ひるね姫

 入院してて観られなかった「ひるね姫」やっとこさ観に行きました。とにかく素晴らしかったです。現実と夢がオーバーラップする良くある話、と思ってたらまあちょっと捻ってあってその部分にすごく泣かされたという。愛がつまってますよ、愛が!

冒険活劇でもありますし、非常に楽しめました。

江口洋介がお父さん役をやってるんですが、かっこいいなと。初声優らしいですよ!主演の女優さんの演技も良いと思ったが(岡山弁が)知らない人だ。というより釘宮さん以外のキャストを知らない……

倉敷は妹が大学に行ってた時に何度か遊びに行ってるのと、私の出自が岡山県井原市(倉田英之先生と同郷)ですので、舞台になってるのは嬉しかった。時々は帰らんといけんと思いつつも、別れた妻子も岡山にいるしあんまり近寄りたくないんだけど(。・_・。)っとそんな薄情なこと言うやつにはこの映画観る資格ない気もしてくるな。

で、最後に流れるのがデイ・ドリーム・ビリーバーで、これがまた忌野清志郎の歌詞がどういう意味を持っているのかを知っていれば、そうかそれでこの歌なんだ、とまた泣いてしまうという。

これはBlu-ray出たら買います。