読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

退院しました

25日、高槻やよい誕生日で高槻までアイマスのオフ会に行ったのだが、カラオケに行ったところでけいれん発作を起こして救急車で運ばれた、らしい。気づいたら病院にいたのやが、病院ということも理解しておらず点滴されていても変な儀式をされていると思いこんで都合4回引き抜いたらしい。左腕が内出血でボロボロです。で、27日に「もうこんなとこにいられない」と退院、しかしここらへんの記憶はほとんどないし、錯乱していた。それで市内にある病院にかかることに。
そこで、採血の結果CK値というのがむちゃくちゃ高い(20,000以上)ことが判明し「このままでは腎不全の危険性もあります。毎日点滴2本打ちましょう、ついては通院は大変だと思うので入院をおすすめします」ということで人生初の閉鎖病棟。まあ私は出入り自由なんだけど。
脳のMRIも脳波も検査したが、これは正常であったので、どうやらてんかんではないらしい。結局なぜけいれんが起こったのかとか、理由ははっきりとはわからなかった。
去年の9月にも力が入らなくなって転倒し、その時にもCK値が異常だということで膠原病など自己免疫疾患を疑われたりして京大病院にかかってたんやけど自然に治ってしまったんだよなあ。ただ、今後もこういうことが起こるとすれば、打ちどころ悪くて大変なことになる可能性もあり、さっさと解決したいところ。しばらく病院めぐりが続きそうです。
ちなみに入院中はずっと

 「幼女戦記」読んでました。スマホ持ち込み禁止だったしね。看護師さん(男)が、「幼女戦記読んだはるんですが、僕の中では今期トップです」って言ってくれたので嬉しかった。そしてミーティングスペースの本棚にわりとマンガがあり退屈しませんでした。あと

舟を編む (光文社文庫)

舟を編む (光文社文庫)

 

 これがありましたので読みましたん。

そういや一人、なんで入院してるのかわかんない大学生の兄ちゃんがいて、バガボンド読んでましたのでその話で盛り上がったりしました。BLUE GIANT読んでトロンボーン始めたんだと?連絡先でも交換しときゃ良かったなー、まあ運が良ければまた会うこともあるかもしれない。

CK値は1週間で1000ちょいまで下がりましたのでめでたく退院ということになりました。ただしばらくは一人でいるのが不安ですので実家暮らしが続きそう。大迷惑ではあるが、倒れたのがオフ会の席上だったのは運が良かったように思います。助けてくれた仲間には感謝感謝。

そういうわけでしばらくは節制と、原因究明のため病院めぐりが続きそうです。