読んだものとか

ちばあきお先生の「キャプテン」の続編が始まるらしい、という電話が友達からかかってきた。で、調べるとコージィ城倉という作家が描くという。

チェイサー 4 (ビッグコミックス)

チェイサー 4 (ビッグコミックス)

 

これまでの人生でアンテナに引っかかって来なかった作家さんなのやが、この「チェイサー」はむちゃくちゃ面白かった。手塚治虫と同時代にいた海徳さんという漫画家(作中で「実在した」と強調しているけど架空の人物なのがまた良い)がいちいち対抗して、いろんなこと真似してみたり、実はかなり熱心な手塚治虫作品愛読者で、また奥さんにした女性もなかなかの手塚ファンだったり、荒唐無稽な「漫画」であるところが素晴らしいのだった。そして手塚エピソードもたくさん盛り込んであって良い。しかし二カ月に一度だけスペリオールで連載しているということで、年に一度しか単行本が出てない……

幸い「岡崎に捧ぐ」を読んでるのでスペリオールは買ってあって、続きも読んでみたのやが(全く他の作品が目に入ってなかった)次巻の発売が楽しみ。

そういえば、大好きな漫画家が亡くなる、という体験はちばあきお先生が最初だったなあ。「嘘じゃないか」と思って何度も新聞の記事を読み返してたっけ……