いくえみ綾ブーム

 

なぜかいくえみ綾ブームが到来。

この3日間で立て続けに近作の、完結しているものを再読。

 というよりまとめて読んだ方が良いと思う。

 登場人物の相関図とかメモしながらじゃないと読めない、ほど私が歳をとったのか。カンナ、良かったねえ(´;ω;`)

いわゆるいくえみ男子がたくさん出てきてハアハア出来るし、キャラクター達を社会人に至るまで描いている傑作青春群像。時系列前後してたり、キャラ同士がどう繋がってるのかわかんなくなったりするので私は繰り返し読む羽目になったけど。(しかもメモとりながらw)

私はかなえさんが大好きなわけだが。しかし良いハッピーエンド。

 これ、Zipperに載ってたんだよなあ。ダイエットしか印象に残らない。そしてもやっとしたラスト。

 これは、主人公の男にいくえみ的男性な魅力がないっていうのに尽きるのではないか。結局終始、というかラストまで二人がどういう関係かもはっきりしないのがすっきりしない。私はニーナがとった行動は当然だと思うな。

 転校してくるとか、イケメン二人と仲良くなっちゃうとか、はたまた親の再婚で同居することになっちゃう、とかそういう少女漫画的要素がふんだんに詰まりつつ、調理はいくえみ風。弦ちゃんには幸せになって欲しいな。