読んだものとか

 

 「ちはやふる」太一の悩みは良くわかるが、そこらへんが彼の良いとこだとも思う。ところで全プレの暑中見舞いはがきなのだが、本当に直筆なの?